葉酸サプリを飲んだ方がいいのはなぜ?

周囲から強く勧められるのですが、葉酸が不足するとどうなるの?

周囲から強く勧められるのですが、葉酸が不足するとどうなるの?

妊娠中ですが、これまで特に葉酸を意識せずに過ごしてきました。今はもう妊娠中期で、赤ちゃんには特に問題も無く、葉酸サプリは不要だったかなと思っています。それでも周囲から強く勧められるのですが、葉酸は不足すると、一体どんな問題があるのでしょうか?

確かに葉酸は、食事からも摂取することが可能ですし、充分な量が摂れていれば葉酸サプリは不要であると言えます。また、摂取していなくても健康な赤ちゃんを授かり、出産まで問題なく過ごせる方も大勢いらっしゃいます。

 

ですが、葉酸が不足すると赤ちゃんの重要な器官がうまく育たなくなる可能性があるため、そのリスクをできる限り軽減するために、葉酸サプリの摂取が推奨されているのです。

 

基本的に、葉酸サプリが推奨されるのは妊娠初期の赤ちゃんの体が育つ時期となります。ですが、もちろん中期や後期にも葉酸は必要な栄養素の1つですので、サプリでしっかり補給していってあげると良いですね。

葉酸サプリの中には妊娠中に不足しがちな栄養や美容に嬉しい成分を配合したものもあるので、これならどの時期でも楽しみながら摂取できます。

 

葉酸サプリがもたらす赤ちゃんへの嬉しい効果

葉酸サプリが妊活中・妊娠中・授乳中といった時期に推奨されているのには、もちろん大きな理由があります。それは、これから授かる赤ちゃん、お腹の中にいる赤ちゃん、生まれてきた赤ちゃんにとって大きなメリットがあるからなのですね。

 

先天性異常のリスク軽減

葉酸サプリが厚労省からも推奨されている最大の理由は、この栄養素が赤ちゃんの先天性異常を起こるリスクを下げてくれる効果があるからです。

 

  • 二分脊椎症・・・お腹の中で背骨が発生する過程で中心の脊椎弓のくっつきが不完全になり、左右に分裂してしまう。
  • 無脳症・・・神経管丈夫で閉塞障害が起こり、脳が形成不全になる。

 

特に無脳症に関しては重篤な病気ですので、お腹の赤ちゃんを守るためにも、これらの症状を起こさないための最大限の努力をしてあげたいですよね。

これらの神経管閉塞障害をお腹の赤ちゃんに起こさないためには、妊娠のごく初期に葉酸をしっかり摂取しておくことが大切であると言われています。厚労省は1日あたり400μgの摂取を推奨していますが、食事から摂り入れるのが難しいため、葉酸サプリの使用を推奨しているのです。

 

赤ちゃんの健やかな成長にも!

お腹の中の赤ちゃんが健やかに成長するためにも、葉酸は大切な栄養素です。

 

葉酸という栄養素には、

  • 赤血球の生産を助ける造血ビタミン
  • 細胞の生産・産生をサポートして発育を促進

といった働きがあります。

 

つまり重要な部分の成長が終わった後でも、お腹の中で育つ赤ちゃんにしっかりと栄養を届け、発育を促すために葉酸をしっかり摂取していくべき、ということが言えますね。

 

質の良い母乳作りに!

葉酸サプリは妊娠中のためだけのものかと言えば、そういうわけではありません。葉酸は、実は産後、授乳期にも積極的に摂取したい栄養素なのです。

なぜなら、葉酸には造血ビタミンという別名があるように、血液を作り出すのに大切な役割を担っているから。母乳は一見、白くて分かりにくいですが、ママの血液を基に作られています。そのため、質の良い母乳をたっぷり出すためには、葉酸は必要不可欠な栄養素なのですね。

このように、葉酸は赤ちゃんにとってメリットたっぷりの栄養素です。必要な量をしっかり気軽に摂取できる葉酸サプリを使って、上手に補給していきましょう。